グース90Fレポート

2016年10月24日 月曜日(10:02 PM)

空欄です

空欄です

空欄です

空欄です

空欄です

空欄です

空欄です

空欄です

空欄です

空欄です


空欄です


1477283122975

先日、短時間ではありますが、新商品のグース90Fで旧江戸川を釣行してきました。

だいぶベイトも抜けてしまって、シーバスの数も減っているポイントでしたが、居着きで残っている魚がたまに水面を割り補食しています。

時合いは確実に外してしまっているのは承知の上でしたが、明らかに活性は低いし、ベイトも追われている様子はない。

まずは辺りの様子を見てシーバスの補食ゾーンを見つける。
ボイルが出なくても良い、ベイトが追われてざわついている場所をまずは見つけなくてはならない。

闇に耳をすませていると、上流側から「ザワザワ」っとベイトが激しく逃げる音が聞こえたので急ぎ移動すると、なかなかのサイズらしきシーバスがボイルした。

ひっきりなしに補食する訳でも無く、自分のテリトリーに入って来たベイトに補食を仕掛けている様子。

先ずは補食されているベイトのボラカラーを投げ表層をデッドスロで流す、先日まではこのパターンでヒットしたのだが、今回は反応は出ない。
次にホロ系を使ったカラーをただ巻きでフラッシィングで補食を誘う。
このパターンはアピール範囲が広いのでフラッシィングでヒットする時はコースどりなど気にせずに釣ることができます。
しかし、今回は光りには反応してくれない様です。

1477283139811

「もしかして、シルエットで食わせるパターンか?」っと思い、補食ゾーンをレッドヘッドパールを通すと…「ガツン?」っとヒット!

60㎝を楽々オーバーの良型シーバスをキャッチ。

使えるカラーが増えたから今回のシーバスが釣れた様な感じでした。
グース90Fは欠品が多く、入手困難でしたが、この度ムカイ×ハンプコラボカラーシリーズが発売されました。
豊富なカラーであなたのシーバスフィッシングをサポートしてくれるはずです。

1477283158710 1477283170663 1477283287528

グースシリーズは魚が表層~50㎝で補食していれば釣れてしまうルアーです。
接近戦ならグース90F、遠投ならグース125F
この様な感じで使い分け、カラーをクリアー系、ナチュラル系、ホロ系、パール系などを持っていれば間違いなしです。
是非お試しください。

2016年10月23日
旧江戸川
小潮

Report by 岩崎

タグ: