ED-HAZE Canal Style Vol.01

ED-HAZE Canal Style Vol.01


この度、ED-HAZE Canal Styleを担当する事になりました。

千葉市のK.Iです。

千葉市周辺の河川や運河筋なハゼ釣りが可能なフィールドでのレポートなどをご紹介させて頂きたいと思います。



千葉市周辺もそろそろハゼ釣りシーズンインして、河川や河口部でハゼ釣りを楽しむ方々が増えていますね。

のべ竿でミャク釣りの方やシモリ浮きで渋く攻める方などスタイルは様々です。

IMG_2437

私ものべ竿で楽しむ、初夏のハゼ釣りを楽しんでます。

まだ、釣れるサイズは小さいサイズがメインで3.5cm~5cm前後が多い感じです。

P6190007

1匹ごとに食べるのではなく、まとめてかき揚げサイズですね~

かき揚は、1シーズンで1度食べれば満足しちゃいますけどね。

DSC03907DSC03908DSC03909

 

ルアーによるハゼ釣りですが、クランクベイトによる釣りが昨年より活発に行われる様になりました。

エサ釣りによるハゼ釣りをやった事がある方は多いかもしれませんが ルアーでハゼ釣り!?

と思われる方は多いかもしれません。

022

ハゼまでルアーで釣るの?と 言われることもシバシバ・・・・

 

エサ釣りとは違う、ゲーム性とより手軽さを高めた釣り方が ルアーによるハゼ釣りとも言えます。

 

すでに トラウトやライトソルトゲームを楽しまれている方は今使っているタックルですぐにでも始められます。

トラウトやメバルなどのライトゲーム・・・どちらかと言えば今はオフシーズン?ではないでしょうか・・・

まぁ、フィールドを選べばまだまだハイシーズンエリアもあるかもしれませんが・・・

お休み中のタックルを初夏~秋にかけて使ってみませんか?

ハゼルアーで使うタックルは、6ft~7ftクラスのライトゲームロッドに小型のスピニングリール、ラインは4lb以下というまさにライトソルトゲームやトラウトゲームで使うタックルで楽しむことができます。

使うルアーが1.5g前後から3g前後と軽いルアーの為、抵抗の少ない細いラインが必要となります。

 

入門者の方は、エサ釣りにも使える汎用性の高いタックルが良いでしょう!

(※本当は専用タックルと使った方が釣りやすいですが・・・なかなか最初から専用タックルはハードルが高いですよね・・・)

ライトソルトゲームロッドであれば、冬場はアジやメバルなどにも使えますし、ハゼ用の天秤とおもり、針、エサを準備すれば エサ釣りにも使えます。

シロギスなどもできますよ。

エサが苦手であれば、最近はバイオベイトというイソメやゴカイの人工エサなどもありますので、幅広く活用が出来るかと思います。

まだ、ハゼ用の専用ロッドや専用ラインなど 他の魚種に比べ製品開発が行われておらず 今後 より 専門性を高めた タックルが開発されて来ると思います。

今回は、ハゼ釣りのルアータックル 簡単解説を行いました。

タックルの紹介は今後詳しく紹介していきます!

次回は、ハゼ釣りを知るために必要なハゼの生態を紹介したいと思います。