永井浩明研究所

OZ永井

MUKAI FISHING REPORT

m_01
m_02
m_03
m_04
m_05
m_05
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017年03月29日(水)

この写真は【流れを読む】 [コラム]

この写真は【流れを読む】のために撮影編集しました。
釣人塾7 2日目【流れを読む】

画像(469x262)

水面と水中映像同時撮影に成功

画像(485x265)
画像(464x253)

水面より上から見るのと、水中では魚のタナが思ったより違うのです。

画像(622x346)
画像(619x308)

Posted by Master at 09時20分

ページのトップへ ページのトップへ

プロフィール

永井研究所

1969年 3月 14日

東京都町田市

永井研究所

僕は物心ついた時から、意味も解らず親に連れられ、釣り竿持って、多分【ハヤ・オイカワ・フナ・コイ・ザリガニ】を、釣っていた記憶が有ります!
そして釣りが大好きになり、ルアーフィッシングと出会い、フライフィッシングにのめり込んで、憧れの魚【イワナ】釣りのために、しかもヤマトイワナを釣りたく、長野県の伊那谷や木曽郡王滝村で、ログハウス造りやキャンプ場管理人やスキー場のパトロールをやりながら、フライフィッシング&ルアー三昧の日々を送りました。
王滝では、釣具屋まで往復200キロ有るので、スプーンは真鍮の板と、ヤスリとドリルで自作し、フライは山に落ちてる鳥の羽などで毛針をつくり、楽しく釣りをしていました!
イャ〜ホントに楽しい日々でした!
そして今の僕に成ります!

PHOTO

水中イメージです。

水中イメージです。

この写真は【流れを読む】

この写真は【流れを読む】

釣人塾7 大物

釣人塾7 大物

検索


カテゴリーリスト

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

 
Copyright (C) 2013 MUKAI FISHING All rights reserved.